飲食事業

安全性と仕組みを追求した
高齢者向け食材開発・販売で福祉の現場を改革

 

飲食事業

  高齢社会の「食」の問題は、命に直結する重要な課題であり様々な取り組みがありますが、こうした時代背景を踏まえ私たちは、まず福祉事業者を対象に「食べる人」、「作る人」、「運営する人」それぞれが満足するサービス、という社会のニーズに応えるべく2011年7月、新たに『グローバルキッチン』という子会社を設立しました。

  主な事業は、調理済冷凍食材の商品開発と販売。商品は食材を急速冷凍するため、合成保存料や合成着色料が要りません。栄養価も味も損なわず、解凍して盛り付ければOKという手軽さゆえに専門のスタッフがいなくても調理が可能で時間も短縮。食事を提供する家族やスタッフの作業効率と労働環境の改善は高齢社会、とりわけ福祉の中で求められていますが、どのような状況下でも容易に栄養バランスのいい美味しい食事を提供できる「調理済み食材」は、「安心安全」に加えて、こうした環境改善にも踏み込めると自負しています。

  また、高齢者は、肉体の老化や機能の低下、環境の変化で食への意欲を失いやすい傾向があると言われますが、栄養に対する認識不足もあり「たんぱく質エネルギー低栄養状態(PEM)」に陥り、免疫機能や筋力の低下や鬱を引き起こすような深刻な事態が浮上しています。私たちのメニュー開発は、栄養価の維持はもちろん、食欲を引き出すための「美味しさ」と「見た目の美しさ」にもこだわり、ソフト食でもできるだけ素材の原型を維持して提供する「やわらか食」を取扱っており好評を得ています。り」をしたいと願う私たちにとって、これは大きなチャンス。しかし実例の極めて少ない事案を受注し、また成功させるには建設の実績はもちろんのこと、将来性のある多彩な計画を提案しプロデュース、運営までできるノウハウを持つことが重要でした。私たちは100年以上続く建設事業に加え、こうした「今」の状況を見据えて約20年前から新たな取り組みを始めました。

  創業から約6年。私たちの商品は、今、北海道から沖縄まで全国1600以上もの施設が利用しています。グループで運営する介護施設「ケアヴィレッジ」「ビバヴィレッジ」もその一つで、365日の食事を栄養管理や調理も含めた形で提供。利用者が増えるほどに飽きの来ないメニュー開発へのニーズは高まり日々奮闘中です。温浴施設の「湯快爽快」直営店では、PB商品も含むメニュー開発、企画、調理指導、食材調達販路の確保まで全て請け負っています。管理栄養士によるカロリー指導や地域への配食産業も展開、これは「すこやかキッチン」という形で亀井工業HDも事業展開をした実績があります。食事療法食を在宅で利用したいというニーズには、簡単調理で栄養コントロールのできるエネルギー調整食、タンパク質調整食、やわらか食の個人販売(通販)という形で応え、飲食店開業コンサルティングサービス、高齢者施設向け衛生備品の販売、世界人口の25%を占めるイスラム教徒向けに「ハラール商品」の開発、販売も開始しました。

  「将来的には自社の管理栄養士による献立相談や、ダイエットやアスリート向けの健康指導を含め、すべての人が食を通して元気で過ごせる社会を作る手助けをしていきたいと考えています。」グローバルキッチンの亀井泰人代表取締役の言葉は、続きます。「そこで培われたノウハウで日本食の良さをアピールしながら海外へも進出ができたら、なおいいですね。」 超高齢社会の進展を前に、いま「食」の世界が大きく広がろうとしています。

 

グローバルキッチン株式会社

所在地 東京都港区海岸一丁目9番11号 マリンクス・タワー6階 ☎03-6459-0736(代)
代表取締役社長 亀井 泰人
URL http://www.global-kitchen.jp 

飲食事業